2018年の作品展

 

 

 

 

[1月]

 

 

 

 

1月4日~1月14日 「第5回 新春日本画展」

第5回新春日本画展
毛利洋子「寧日(ねいじつ)」102×102cm

 

出品者:<宮城県芸術協会 運営委員>庄子幸一、安住小百合、梅森さえ子、大泉佐代子、奥山和子、櫻田勝子、佐々木啓子、佐藤朱希、佐藤勝昭、新藤圭一、中畑富佐江、三浦孝、三浦長悦、毛利洋子 <宮城県芸術協会 会員>河野尚枝、小金沢紀子、紺野トシ子、斎藤ミツ、櫻井寛子、佐々木智朗、佐々木玲子、佐藤松子、佐藤礼子 以上23名

 

2014年から毎年開催してまいりました「新春日本画展」も5回目を迎えました。今回は、宮城県芸術協会 絵画部 日本画部門 運営委員14名、会員9名、あわせて23名の作家の皆様のご参加となりました。多種多彩な作品がそろっておりますので、新春を日本画と共にお過ごし頂きたく、ご案内申し上げます。 ―晩翠画廊―

 

安藤真司 銅版画・ガラス絵展
「森の誘い 2016-1」25.7×41.5cm エッチング、アクアチント、ドライポイント

 

自然の中に身を置くと、木々や風や水の音、匂い、そして密かに息づく生物たちの気配に包まれていきます。

自然はいつも、私を不可思議な世界へ導いてくれます。

植物や昆虫をモチーフにして自然を肌で感じるような表現ができればと思っています。今回の個展では、緻密で繊細な銅版画と、透明感あふれるガラス絵をご覧ください。ー安藤真司ー

 

身近にある自然を丁寧に見つめ、繊細な作品を作りだす安藤先生。

今回、当画廊では初となるガラス絵をご出品いただきます。―晩翠画廊―

 

 

1月23日~1月28日 「萩・津和野を描く スケッチ作品展」

萩・津和野を描く スケッチ作品展
志賀一男「津和野 殿町通り」F6号 水彩

 

出品者:宮城紘子、船田芳子、洞口良子、鈴木とき子、工藤忠久、志賀一男(講師)

 

旅を楽しみ、描く喜びを味わいながら親睦を図る目的で、平成20年から始まりました、晩翠画廊主催の「スケッチツアー」でございます。平成29年9月に訪れた山口県萩市には「明治日本の産業革命遺産」が、島根県鹿足郡津和野町には「山陰の小京都」といわれる名所があります。そのような歴史の宝庫といわれる場所を散策し、スケッチして参りました。現地の雰囲気を少しでも感じていただければ幸いでございます。-晩翠画廊-

 

 

小浜耕治 作品展   ~なないろ者の物語~

私の羊毛作品は、私が「作った」ものではなく、羊毛作品自体が私の手を借りて「生み出た」ものです。制作していると作品に命が宿る瞬間があり、作品が「私はこういう者だ」と自身の物語を語り始めます。そんな作品と私との一対一の長い対話の中で、表情や個性が形作られていく。そして1体出来上がると、次々に仲間が連なって出来てくる。

その工程は、私が活動しているセクシュアリティーや人権の問題と同じなのではないかと思うのです。 -小浜耕治-

 

 

 

 

 

 

[2月]

 

 

 

 

 

2月6日~2月11日 「東北生活文化大学 学科内コンクール受賞者展『呀展』」

東北生活文化大学 学科内コンクール受賞者展 『呀展』

出品者:織田島三四郎(版画)、菊地泉里(陶芸)、鈴木美緒(版画)、田端佳菜子(漆芸)、千葉達仁(絵画)、穂積雄介(洋画)、吉田瀬七(洋画)50音順

 

「第44回 生活美術学科コンクール」(2017年10月)におきまして、晩翠画廊賞(特別賞)を受賞した7名の学生による展覧会です。受賞作品と、その後の新作で会場を飾ります。絵画を中心とした平面作品に加え、陶芸、漆芸といった作品構成になります。油絵具、アクリル絵具、墨、ペン、土、漆と様々な素材と技法を用いて、作品を仕上げています。それぞれが心をこめて制作しました。ぜひ、この機会にお立ち寄りいただき、ご意見やご感想をお寄せいただければ幸いに存じます。ー東北生活文化大学 生活美術学科 教授 三上秀夫ー

 

※展示タイトルの「呀」には、「あっ」と驚きを示す意味があります。作品をご覧いただいた方に驚きを与えたいという、出品者の想いが込められています。

 

作陶40周年記念 斎藤乾一 作陶展
「印花紋象嵌台皿」Φ28×H10cm

 

 

 

 作陶を始めて40年。気仙沼という地で、年月と土と火と、そして何より斎藤乾一という「人」が作り上げてきた作品を、ここ晩翠画廊で展示できることを、大変嬉しく感じております。是非、ご高覧いただきたくご案内申し上げます。―晩翠画廊―

 

晩翠画廊

〒980-0803 仙台市青葉区国分町1丁目8-14 仙台第2協立ビル1F

TEL:022-713-6230 FAX:022-713-6252