2019年の作品展

 

 

 

 

[1月]

 

 

 

 

1月4日~1月13日 「第6回 新春日本画展」

第6回新春日本画展
髙瀬滋子「鷺草」F4号

 

出品者:<宮城県芸術協会 運営委員>庄子幸一、梅森さえ子、大泉佐代子、奥山和子、小野寺康、佐藤朱希、新藤圭一、中畑富佐江、橋本道代、三浦孝、毛利洋子 <宮城県芸術協会 会員>菅井粂子、鈴木多恵子、鈴木洋子、髙瀬滋子、髙橋美紀子、髙橋悠華、千田卓内、千葉勝子、土屋薫、富樫清子、福田眞津子 <特別出品>鈴木清隆(墨画) 以上23名

 

2014年から毎年開催してまいりました「新春日本画展」も6回目を迎えました。今回は、宮城県芸術協会 絵画部 日本画部門 運営委員11名、会員11名の作品ほか、墨画の作品を併せて展示いたします。多種多彩な作品が揃い、この度はお求めやすく1点7万円(税抜)以下の価格設定となっております。

新春を日本画とともにお過ごし頂きたく、ご案内申し上げます。 ―晩翠画廊―

 

 

1月15日~1月20日 「お酒の器展」

2019 お酒の器展

 

出品者:<陶 器>岸上まみ子、黒本雅志、ジェームス・オペ、島見美由紀、鈴木由香 

    <ガラス>佐藤元洋、志賀英二、まつださゆり

    <漆 芸>小野寺智弘・くるみ <金 工>青木三千代

日本酒にかぎらず、麦酒・焼酎・ワイン等のお酒の器を揃えました。口当たりをお確かめいただける試飲用の器も準備いたします。

ぜひ、会場で自分のための器をお選びください。ー晩翠画廊ー

 

 

1月22日~1月27日 「能登・金沢を描く スケッチ作品展」

能登・金沢を描く スケッチ作品展
渡辺雄彦「紅い茶屋」18×14cm 水彩

 

出品者:池田ミチ、大槻弘子、大沼雄子、大庭彦三、加藤玲子、工藤忠久、近野勇、佐々木都、佐藤直美、其田章、本郷貞子、宮城紘子

    <講師>吾妻篤(油彩)、柴田治(水彩)、渡辺雄彦(油彩)

 

2018年5月の「金沢方面スケッチツアー」に参加した一行25名のうち、15名によるスケッチの展示です。加賀百万石の城下町や永平寺、そして能登半島の白米千枚田、輪島朝市などのスケッチをお楽しみください。-渡辺雄彦-

 

 

 

1月29日~2月3日 『「版画を買って、おうちに飾ろう!」展』前期

岡沢幸「Redding」                 銅版画、コラージュ 204×255mm
岡沢幸「Redding」                 銅版画、コラージュ 204×255mm

出品者:相原智恵子、阿部夏希、荒井俊也、あるがあく、今井宣子、越後しの、大塚恵子、岡沢幸、奥村昭子、尾崎行彦、小関理、小野智香、叶悦子、川村真理子、かわむらみほ、北野三千雄、木戸しづ子、黒田賀世子、斎藤敏行、齋藤正和

 

この度は、版画の魅力をより身近にお伝えしたく、企画いたしました。

宮城県在住の版画作家を中心に、2週に渡り、作品を入れ替えての展示をなります。

出品作品はすべて、同一のサイズ、価格設定になっております(額装サイズはインチサイズ[255×204mm]、シート税込1万円、額装価格税込1万2千円)。

日々の生活に、版画を飾る楽しさを感じていただけましたら幸いです。 -晩翠画廊-

 

 

 

 

 

 

[2月]

 

 

 

 

 

 

 

 

[3月]

 

 

 

 

 

 

 

 

[4月]

 

 

 

 

 

 

 

 

[5月]

 

 

 

 

 

 

 

 

[6月]

 

 

 

 

 

 

 

 

[7月]

 

 

 

 

 

 

 

 

[8月]

 

 

 

 

 

 

 

 

[9月]

 

 

 

 

 

 

 

 

[10月]

 

 

 

 

 

 

 

 

[11月]

 

 

 

 

 

 

 

 

[12月]