2024年の展覧会

 

 

[4月]

 

 

 

 

4月2日〜4月7日 「青の使い」展 ~4月2日世界自閉症啓発デーによせて~

毎年4月2日は国連が定めた自閉症啓発デーです。

そのシンボルカラーは「癒し」や「希望」等を表すブルーです。

日本でも世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、

自閉症をはじめとする発達障害について広く啓発する活動を行っており、

毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、

シンボジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。

当画廊でも「青」をテーマとした作品を通して、自閉症への理解を深めるきっかけとした展覧会を企画しました。

作り手の障がいの有無、作品のジャンルを問わず、青の作品を展示、販売いたします。-晩翠画廊-

 

【参加作家】

浅野 春香(洋画)、太田 理彦/思太田窯(陶芸)、OMJOOSOO(立体造形)、後藤 五木/一木窯(陶芸)、佐藤 華炎(書)、鈴木 正広(洋画)

谷口 知美(日本画・立体造形)、野田 律子/ステンドグラス工房碧(ガラス)、fumikoten(洋画・立体造形)

BOTAN INKPEN(アルコールインクアート) 、吉田 好晴(木版画)

片平俊夫/多夢多夢舎中山工房(絵画) 、小島 志穂・中村 洋子・林 そのみ/わらしべ舎羽黒台工房(洋画)

 

 

4月9日〜4月14日 齋悠記「ことばにならないもの」

手製で仕上げたパネルにいろとかたちを重ねながら、

わたしが日常で感じた様々なことを表現できたらと、日記のように描き綴っています。

手でつくる絵の中に、肌触りのようなものを感じながら楽しんでいただけたら幸いです。

今回は、13cm角のボタンシリーズをはじめ大きめの作品まで、近年描いたものやここ数年を辿るような作品を展示します。-齋悠記-

 

<SAI Yuki>

宮城県出身

沖縄県立芸術大学大学院造形芸術研究科(環境造形専攻)絵画専修修了

近年の主な展示

2023年 個展 寒河江市美術館(山形) 

2023年 個展 やまがたクリエイティブシティーセンターQ1(山形)

2023年 個展 ブンコノブンコ(沖縄) 

主な受賞・入賞歴

2019年 第48回沖縄県芸術文化祭 県知事賞受賞

2017年 第46回沖縄県芸術文化祭 新人賞受賞 

2015年 VOCA展2015 上野の森美術館

2012年 トーキョーワンダーウォール 入選 

その他、個展・グループ展にて作品発表

 

 

4月16日〜4月21日 吉田瀬七 個展 ~映~

記憶に残っている様々な色を組み合わせて作品を作っています。

例えば、車の窓の向こうに見えた海が白く輝いていたこと。

例えば、驚くような赤に染まっていた夕焼けの色。

作品を見た人が「こんな色を見たことがある」と懐かしい気持ちになってくれたら嬉しいです。 -吉田瀬七-

 

<YOSHIDA Sena>

2018

第81回河北美術展 入選

2019

第82回河北美術展 入選

2021   

中本誠司現代美術館 吉田瀬七個展「追憶」

第105回二科展 新人奨励賞受賞

第58回宮城県芸術祭 奨励賞受賞

銀座中央ギャラリー公募展入選入賞者展参加

2022

第106回二科展 入選

第83河北展 入選

心映画家 吉田瀬七作品展「言の葉」

2023

第84回河北展 入選

心映画家 吉田瀬七作品展「言の葉Ⅱ」

中本誠司現代美術館 吉田瀬七個展「心雨」

第107回二科展 入選

心映画家 吉田瀬七作品展「言の葉Ⅲ」

 

 

4月23日〜4月28日 子どもの村東北・支援チャリティ展「貴方だけの花」

2019年より始まりました本企画も4回目を迎えます。

この度も「花」をテーマにした小作品の展示・販売を行い、

売上の一部を<子どもの村東北>に寄付いたします。

作品は絵画・版画・陶芸など多岐に渡ります。

本展覧会を通して、皆様に<子どもの村東北>の取り組みを知っていただくとともに、

花の季節を楽しむ作品と出会う機会となりますことを願い、開催いたします。 -晩翠画廊-

 

※<子どもの村東北>について

「子どもの村東北」は仙台市太白区にあります。

2014年に、社会的養護を必要とする子どもたちと、その危機にある子どもたちを、

家庭環境で養育する目的で開村されました。その運営の多くは、寄付でまかなわれています。

子どもの村東北HP  https://cvtohoku.org/

 

【参加作家】

あさい ひろこ(水彩画)、浅見 勝彦(水彩画)、安達 秀子(洋画)、浦山 宏(版画)、小野 由貴子(水彩画)

數本 奈智子(洋画)、叶 悦子(版画)、かやの あきこ(陶芸)、菅野 麻衣子(洋画・鉛筆画)

今野 裕結(鉛筆画・ネクサス絵画)、佐々木 勉(水彩画)、佐々木 洋子(水彩画・他)、さとう ゆきえ(日本画)

庄 漫(版画)、鈴木 桂子(洋画)、髙橋 麻喜子(版画)、立花 布美子(陶芸)、津島 友里恵(陶芸)、nocolier(陶芸)

林 しづ子(洋画)、floral design MARWIN★(フラワーアレンジメント)、渡邊 寛(洋画) 22名

 

 

[5月]

 

 

 

 

5月7日〜5月12日 岩井てる「天衣無縫な私の個展」

私の心の旅として絵を描く事は限りなくこれからも続く事でしょう。

巨匠の画集や本を読み、色々空想し思いをふくらませ、デッサン、キャンバスにむかい合い、描きはじめます。

表現するものの存在感をうみだす事、圧倒的なインパクトを見る人の心に響く様に祈りながら描き上げていきます。

どうぞ多くの方に見ていただきますようお願い申し上げます。 -岩井てる-

 

<IWAI Teru>

1942.4 仙台市生まれ

2010 初個展

2013 河北美術展入選 80号「注文の多いアラフォー」以後2回入選、上野の森アトリエ展入選 30号「アラフォーの午後」

2016 東京銀座「るたんギャラリー」個展、上野の森セレクト20に選出「スパニッシュダンス」

2017 上野の森優秀賞 「蔵王の晩秋」

2018 札幌セントラルギャラリー個展、欧州美術入選 スペインにて出品 ヒホン市

2019 宮城県芸術祭公募「マリアン」100 奨励賞受賞

2020 東京示現会「マリアン」100 佳作賞

 

芸協会員、示現会会員

 

1962 画家 中原四十二氏、佐藤多都夫氏に師事

1980~ 仙台第2高等学校教諭に20年師事、松井氏

2016~2023 安彦文平氏に師事

2019 伊勢崎勝人氏に師事

2023~現在 早坂貞彦氏に師事

 

 

5月14日〜5月19日 ピュシスNEXTⅢ -版の表現者たち-

2022年から始まった「ピュシスNEXT-版の表現者たち-」展は、

東北芸術工科大学版画コースおよび同大学の卒業生・修了生である出品者が主体的に運営する展覧会です。

今回で3回目の開催となります。

本展覧会は、作家として経験を重ねる出品者が互いに切磋琢磨する挑戦の場となり、

充実した場となることを目指します。 -出品者一同-

 

【出品作家】

秋庭麻里、安達 栞、あるがあく、大森弘之、小野寺 唯、梶原丈義、金子美早紀、吉内史芳子、木村美咲

齋藤僚太、SoftRib、佐藤妙子、佐藤未来、相馬祐子、中村桂子、西村沙由里、野瀬昌樹、平野有花、尾留川優子

真栄城理子、ヤジマユキエ、若月公平、和田豊樹 (23名)

https://physisnext.wixsite.com/physisnext

 

 

5月21日〜5月26日 15th anniversary LYRICISM~或る日のアトリエ 熊谷融*熊谷理慧古 日本画二人展

芸大在学中融22歳、理慧古21歳で始めた日本画二人展から43年経ちました。

融50歳、理慧古49歳から仙台市で開催した日本画二人展も今年で15回めとなります。

スケッチを重ね、真摯に自然を観照し、天然岩絵具や雲肌麻紙、純金箔、白金箔等

素材にこだわりナチュラルでヴィンテージ感溢れる琳派の作風を追求致しました。

 

●熊谷融

 愛知県立芸術大学卒業

 同大学院日本画研修科修了

 日本画家

 日本美術院院友

 師:片岡球子先生、小山硬先生、松村公嗣先生

 宮城県芸術協会会員

 仙台アトリエクマガイ藝術学院塾長

 

●熊谷理慧古

 愛知県立芸術大学卒業

 同大学院日本画科修了

 日本画家

 日本美術院研究会員

 師:片岡球子先生、伊勢崎勝人先生

 宮城県芸術協会会員

 仙台アトリエクマガイ藝術学院塾長


晩翠画廊

〒980-0803 仙台市青葉区国分町1丁目8-14 仙台協立第2ビル1F

TEL:022-713-6230 FAX:022-713-6252

Instagram:@bansui_garou